流行りに乗って、小顔になる

雑誌やテレビなどで小顔ブームの情報が流れると、何だか自分も小顔にならなくてはいけないものだとそわそわしてしまい、小顔になることを意識される方もいることでしょう。しかし、どのように小顔になればいいのか、あまりピンと来ない方も多くいるはずです。実は、あまり知られていないとっておきの小顔になる方法が存在します。それは、体の歪みを改善させることです。体の歪みと顔は一見何の繋がりもないよう感じますが、猫背など体に歪みがあると、顔の骨格にもかなり影響を与えてしまいます。顔が歪んでいくと顔が実際よりデカく、そして丸々とした顔に見えてしまう為、小顔はつまり顔の骨格がしっかりしているという象徴です。鏡を見て、目の位置や口角の位置などチェックを入れてみて下さい。歪みが出ている場合ですと、猫背にならないよう背筋をしっかりただすなど、意識を働かせてみて下さい。顔の歪みがなくなれば、流行りの小顔に近づいていくでしょう。

新たな自分を見つけに小顔になる

ファッションショーへたまたま誘われて行くことになり、そこで沢山のモデルさんを眺めながら、顔が小さいことを嫌でも感じるでしょう。今まで自分の顔のサイズなど意識したこともないのに、急に自分の顔が気になり出してきたりします。そこで、モデルさんのように小顔とは言いませんが、気持ち小顔になる方法があります。体の歪みを改善させてみてはいかがでしょうか。一瞬言葉が詰まる方もいるでしょうが、体の歪みと顔はリンクしています。ですので、猫背であったり腰が歪んでいたりすと、顔の骨格にも響いてきます。顔が歪むとポチャッとした印象にうつる為、小顔が体の骨格のまともな象徴とも言えるでしょう。鏡を通じて口角や目の位置に意識を向けてみて下さい。歪みが生じている際は、頬杖をつかないことや姿勢を正して猫背にならないなど、気をつけていきましょう。

小顔になるための3つの方法

小顔になるための方法としては、まずはダイエットをおすすめします。ダイエットをすることで、首まわりから鎖骨の辺りまですっきりとしていきます。また、ダイエットと並行してリンパマッサージも行いました。リンパは、全身を通っているものなので、全身をマッサージする必要があります。また、リンパマッサージは入浴後、マッサージオイルやクリームなどを付けて行いましょう。しかし、顔面の皮膚は柔らかくデリケートです。何も付けずにマッサージを行うと、皮膚を傷つけたり、老化の原因になったりします。力まかせに行うのではなく、自分が気持ち良いと感じる力で行いましょう。また、顔面は様々な筋肉で形成されています。日本人は日常生活で表情筋をあまり使わないのが特徴です。口角を上げる運動や、口をすぼめる運動など、表情筋を使うようにしましょう。