リバウンドなしで小顔になる方法

ダイエットをして、結果ガーゼなどすぐに現れる箇所と、なかなか現れにくい箇所があります。人それぞれ差はありますが、顔はなかなか痩せにくい箇所でもあります。どんなに体重が減っても、顔が痩せなければ、大して痩せた印象を与えません。なかなか痩せにくい箇所だけに、小顔になる方法を色々試している人も多いことでしょう。確実に結果を出したければ、美容整形することをお勧めします。顔の整形手術というと、少し抵抗がある人もいるかも知れません。しかしメスを入れることなく、短時間で顔痩せを実感できる方法があります。その一つとして、脂肪融解注射の注入するという方法があります。施術時間は約5分くらいで済みますし、術後の腫れもほとんどありません。また脂肪細胞自体を溶かしてしまうので、通常のダイエットとは違ってリバウンドする心配もありません。

美容整形によって小顔になる

美容整形を受けることで小顔になることができます。特に、エラが張っていて顔が大きく見えてしまうという人に効果的です。この場合、エラ削りを目的として施術が行われることになります。もちろん、人によって顔が大きい原因は違っています。単純に、むくみによって顔が大きく見えているという人も居ます。この場合はメスを使うなどの施術ではなく、マッサージなどでむくみをとるという施術が効果的です。これだけでもかなり顔が小さくなります。現代では顔が小さいほど可愛らしく、カッコよく見えると言われています。そのため、男女とも、できるだけ小顔になるように努力しているという人が多くなっています。美容整形に頼ることは最終手段です。女性の場合、メイクや髪型などによっても、多少は小さく見せることができることがあるからです。いろいろな方法を試してみることをお勧めします。

表情筋を鍛えて小顔になる

筋肉トレーニングをすることは、肉体を向上させ肌のハリにもつながります。引き締まった肉体を目指すために筋肉トレーニングは重要な役割を担っています。その筋肉トレーニングですが、首から上と下では動かす意識が異なります。首から下は骨を動かすという意識ですが、首から上に関しては皮膚を動かす意識になります。これは皮膚の下に表情筋があるからですが、いかにして皮膚を動かすかがポイントになってきます。馴染み深いところでは、「あいうえお」を活用したトレーニングがあります。口を開いたり伸ばしたりすることで表情筋を鍛えます。髪を乾かしてしるときや、食事の片付けをしているときにも出来るトレーニングです。1日に数回ある歯磨きタイムを活用して、歯磨き後のうがいも内側から刺激を加えてくれるトレーニングになります。表情筋を鍛えれば小顔になることにも繋がりますし、何気無く続けていたら小顔になったというのもいいですね。